2012年08月31日

赤福氷。





8月も半ばを過ぎた21日、今年の猛暑の横綱があらわれたような

暑い暑い日に、伊勢神宮へ行ってきました。

ちょうど駅前の商店街がお盆休みに突入し、

家で高校野球を見てるんもなあ・・・智弁も負けたし・・・ならば

かねてから念願の「赤福氷」を食べに伊勢神宮へ「避暑」に行こう、と

思い立って、車を東へ東へ走らせました。

伊勢神宮へ避暑? というと文法上、というか気象学地政学上おかしいのではないか、

ふつう和歌山で避暑、となると高野山ではないのか、と誰もがギモンに思われるでしょうが、

これには伏線がありました。

知り合いが7月にお伊勢さんへお参りし、

赤福氷、なる奇妙な名前のかき氷を食べてきた、それはそれは

おいしかったと言っていたのを思い出したのです。

「五十鈴川が流れてて、杉木立の中でな、けっこうええ風吹いて。

そこでかき氷。気持ちよかったでぇ」。そんなコトバを反芻し、

車を走らせること3時間。伊勢神宮の内宮に着きました。

というか、内宮近くの駐車場に着きました。


伊勢神宮は、暑かったです。

フツーに考えて和歌山と何ら標高が違わないので

暑いのは当たり前です。

車を留めようと、駐車場を探すのですが、内宮に近い駐車場は満車で、

誘導されるままに進んでいくと、内宮からはどんどん遠ざかっていきます。

ようやく五十鈴川の河原の駐車場にたどり着き、外に出ました。

川面に跳ね返る真夏のお日様はぎらぎらと容赦なくどついたれ光線を反射させ、

アスファルトからはむははむははと陽炎を伴った熱気が立ち昇ってきます。

100台は留められるであろう大きな河川敷の駐車場からは同様に

「えらいとこに留めさせられた」感満載のカップルや親子連れが

首をややうなだれ、内宮があろうとおぼしき方向に向かってしおしおと進んでいきます。





20分も歩いたでしょうか。目指す伊勢神宮の大鳥居が見えたときは、

全身汗みずくでした。

さすがお伊勢さんだけあって敷地は広く

行けども行けども本殿にたどり着きません。

杉木立は鬱蒼としてはいるものの、砂利道から立ち昇る猛烈な熱気が日陰にさえ迫って

とにかく本殿までたどり着いて二礼二拍手パンパンして赤福氷、赤福氷、と

頭のなかで呪文のようにつぶやき唱えながら歩いていきました。





前を行く大学生風情のカップルがまあこの炎天下に、

べちゃべちゃとほどけなくなった知恵の輪みたいな絡まり方をして歩いているのを見てイラダちが募り、

最近とみにコシが弱くなった髪が額にぺちゃっと貼りつくのをハンカチで掻き上げ掻き上げ、

なんとか本殿の参拝を済ませました。


つづく\(-o-)/














  


Posted by チャームサロンカワサキ&フェイシャルクラブ at 23:05Comments(0)せんむのブログ

2012年08月22日

ズボラ飯♪

皆さん、フェイシャルクラブスタッフの酒井です〜!
皆さんは『ズボラ飯』って聞いた事ありますか?その名の通り、ズボラなご飯…いわゆる楽チンご飯…いや怠けご飯(笑)料理が苦手な方。
朝が忙しい方。
料理初心者の方。
朝をゆっくり過ごしたい方。
酒井家で好評の『ズボラ飯』を皆さんにご紹介したいと思います↑↑↑
―材料―
食パン 1枚
納豆 1パック
とろけるチーズ 適量
マヨネーズ 適量
―作り方―
納豆を食パンにのせる。とろけるチーズを更にのせる。
更にその上からマヨネーズをかける。適当にオーブントースターで焼く♪
まとめてみました!
のせる→更にのせる→更にまたかける→適当に、焼くΘ_Θ☆

なんと画期的!!!
エコな食材(ガスも要らない、包丁いらず)

さぁ、明日の朝、皆さんも『ズボラ飯』にチャレンジだぁ〜!

ちなみにお味は…納豆が大丈夫な方なら、本当にスッゴく美味しいと思います♪♪  


Posted by チャームサロンカワサキ&フェイシャルクラブ at 23:29Comments(0)スタッフブログ

2012年08月19日

ニッポンの夏。よさこいの夏。

土橋素子の 鳥頭リターンズ
07.8月号




みなさんこんちには。私は、カワサキフェイシャルクラブの土橋素子です。

あついあつい夏が、いつ果てるともわからないほどの猛暑が

続いています。でも、心なしかお日様の光がか弱くなったように

感じる今日この頃。このお便りを書いている今は、まだ気温30度をラクラク

越えてますがもうひと踏ん張り。気持ちいい季節は、目の前ですik_87



今、私と、うちの小2の長女が、よさこいソーランにハマっています。

きっかけは、私の友達に誘われたからです。去年の冬のことでした。

「週一回練習しちゃあるよって素ちゃんもおいなあよぅ」 

「えぇ~! よさこいソーラン・・・」 私は長年の運動不足がたたって、

最近肩は凝るわ目は霞むわで、かねがね、なんとかせないかん、と、

思っていました。背中を丸めてお客様にまつ毛パーマをしている姿を兄に見られて、

「サルが栗むいてるみたいや」と言われたり、運動会の父兄徒競争で、

自分でも信じられんくらい足が動かなかったりと、運動不足を実感していました。


でも、軽いストレッチ程度のことを考えていたので、いきなりのよさこいは、

ちとハード過ぎないか、ラジオ体操第一程度の動きでなんとからないか、

正しいニッポンの盆踊り練習生ビール添え、という方向で

もう一度検討し直してもらえないか、と思ったんですが、とてもそんなことは言えません。

それに、なんとなく恥ずかしい、というのもあります。子供や若い人ならいいけど、

人前でこの歳になって「ソイヤッ」はないわなあ、とface07

しばらく、うーむ、と唸っていた私でしたが、横で話を聞いていた長女の、

「やりたい~!」の一言で、めでたく練習に参加することになりましたface08


  
練習は、予想通り、というかめちゃくちゃハードでした。

メンバーは30人ほどで、5才くらいの子供から上は還暦を過ぎた人までさまざまです。

平均年齢はちょうど私くらいでした。最初は曲なしでパーツ別に動きの練習です。






この時点でもう全身汗みずく。ここ半年分の運動をイッキにしたみたいでした。

5分間の休憩。床に転がってボーゼンとした後、

今度はカセットから流れる、例の「ソイヤ! ソイヤ!」 の曲に

合わせてのぶっ通し練習が始まりました。

さっきまでの練習がまるでウォーミングアップだったかのような、

お尻の割れるよな大乱舞。2時間の練習が終わるともうヘロヘロですik_00

もちろん生ビールは出ませんik_93

そんな日々が延々と続き、夏が近づくと、8月に海南駅前で開催される「ふるさと祭」 に向けて、

練習は一層熱を帯びてきました。





                 

そして、いよいよふるさと祭の当日になりました。

初舞台はJR海南駅前広場の特設ステージで、けっこう本格的です。

いくつかのチームが踊った後、いよいよ私たちの番になりました。

白かたびらに紫の装束。手に鳴子。背中には竜のイラスト。

鼻に白、頬に赤のペインティング。

このまま鳴子をならしながらファミリーマート海南駅前店に入っていったらどうなるだろう、とか

緊張で意味不明のことを考えながら、舞台への階段を上りましたik_01

舞台に上がると、逆光になって、観衆はみえなくなったけど、

ものすごい人であることは気配からわかります。

知り合いやお客さんが見ているのは確実です。

曲が始まりました。それでも、半年間汗まみれになりながら練習をかさねた、ソイヤ! が流れると、 

体が自然と反応しました。アドレナリンが体の中を駆け巡りますik_01

口からは、練習で恥ずかしくっていつも 「土橋さん声が小さい!」 と

叱られていた、ソイヤ! の掛け声も全開です。

カクテル光線が私たちを照らします。ソイヤ!

ほとばしる汗。立ち上る熱気。今ひとたびの青春。ソイヤッ!

大観衆の視線が、わたしに、このわたしに。ソイヤ! ソイヤ!

恍惚となってしまいました。






5分間、踊って舞台の袖に引っ込んでから、ようやく我に返りました。

甘美な疲労感。私はしばらく、ソイヤッの虜になりそうですik_76


    


  


Posted by チャームサロンカワサキ&フェイシャルクラブ at 22:08Comments(1)土橋素子のブログ

2012年08月14日

とっきゅうくろしお。

8月の7日は、昼間の猛暑から一転、あれよ? というくらい涼やかな
夜でした。

私は、新大阪駅で、21時03分発の特急くろしおを待っていました。

新大阪駅の待合ちかくにある「おみやげ街道」で、漬物やら鯖寿司やら、

甥っ子にあげるプラモデルのN-700系新幹線やら、時間が無かったら

買わずもがなの荷物を抱えて、ワッセワッセと階段を下り、

一服しているところへしずしずと、とっきゅうくろしおが入線してきました。

車両をみておお! と驚きました。最近くろしおに、新型の287系、が

登場した、ということはウワサに聞いていたんですが、まさにソレが入線して

きたんです。

驚いた、というのはいつも見慣れた白地に青のツートンカラーではないその

風貌、というか真正面の「顔」にあたる部分で、

真っ白け、なんです。ふつう、ロゴをあしらったり他の色を使ったりと

デコラティブな意匠をほどこしそうなもんですが、真っ白、で、

能面のように表情がありません。






千とちひろの神隠し、に顔なし、というのがありましたが

コトバジリだけをとらえるとそのような、何とも無表情な風貌で、心が

読み取れません。電車の心を読み解いても仕様が無いですが。


何か見ず知らずの人の家へ上がりこむような、居心地の悪さを感じながら、

タラップを跨ぎました。

モノトーンでシックな内装。今までの乗りなれた、くろしお、とはえらい違いです。

おもわず「ごめんください」と言いそうになります。

車内への自動ドアを踏んだ瞬間、鼻をつく、新車独特のにおい。プラスチックと水飴を

混ぜたような、摩訶不思議なにおい。でも、嫌ではありません。

シートに座ってみると、これがまた広い。そして背もたれも大きい。グリーン車、などとは

縁がありませんがそれ並の贅沢な座り心地であります。







私が学生の頃、JR、がまだ国鉄だった昭和50年代、

大阪へ行くときは、決まって「快速天王寺行き」でした。

田辺あたりから来る電車は、山陽本線辺りの使い回しで、

おっ!新しい車両や! と思って喜んでも、

はじめからすこし煤ぼけていました。

でも天王寺まで乗換なしで行けたし、

和歌山で半分以上の乗客が降りてかなりの確率で席をキープできたし、

天王寺まで止まる駅も少なくて早く、何より特急料金がかからなかったのが

有難かったです。

その当時は、特急くろしお、は海南駅には止まらず、天王寺~和歌山、の次は

御坊でした。まだ高架になる前、大きめの公衆便所なのか駅なのかわからないような

佇まいであった海南駅を駆け抜けていく特急くろしおは、子供心にあこがれと羨望の

対象でありました。

私は、子供心に、特急の止まる御坊や紀伊田辺、串本はエラい町で、海南はショボい

町であるように思っていました。この便所のような駅には特急は止まらんわなあ、と

子供心に諦観していました。






しかしやがて、平成に入ってからか、特急くろしおは、海南駅に止まるようになりました。

私は社会人になっていました。東京へ行ってしまって、特急くろしお、に乗る機会が

失われましたが、それでも東京からの帰路、子供の頃のあこがれであった

特急くろしお、に乗って海南駅にくろしおが止まり、駅に降り立ったときには、

海南が出世したようで、すこし「乗り鉄」の入っている私は、猛烈にうれしく、

駅のホームで、ばんざいばんざい、をしたくなりました。

しかしこれは要するに国鉄が民営化でJRになって、コトバは悪いですが銭もうけ、

に走ったということでした。今まで乗り入れていた紀勢線直通の快速が無くなって、

和歌山止めになり、大阪へ行くには和歌山で乗り換えをしないといけない、

であればくろしお、を止めてあげるから快速はあきらめて特急券買いなさいよ、

ということでありました。


海南駅は高架になって、日本の駅100選、であったか近畿の駅であったか、

そういうものにも選ばれるほどになりました。マリーナもあって、ついに今年3月のダイヤ改正で、

すべての特急が海南駅に止まるようになりました。

くろしおには、けっこう止まるタイプと、エラい駅にしか止まらないタイプと2種類ありますが、

海南は、今までシカトされていたこの“エラい”タイプのくろしおも止まるようになりました。

「和歌山を出ますと、海南、御坊、紀伊田辺、白浜に止まります」。であります。

出世したもんです。

昔のことを思うと、あの便所みたいな駅であった海南駅、

とっきゅうくろしおが振り返りもせず轟音とともに駆け抜けていった

艱難辛苦の時代を思うと、「よくやった、海南駅」と、

肩のあたりをポンポン、と撫でさすってやりたくなります。


快速は、昼間の時間帯は

熊取まで全駅停車という、区間快速風情に凋落しました。

これはもう、大阪へ行くときはとっきゅうくろしおに乗るしかありません。


JRの商売上手\(-o-)/





  


Posted by チャームサロンカワサキ&フェイシャルクラブ at 15:46Comments(0)せんむのブログ

2012年08月10日

アイス?



おいしそーなアイス。

かと思いきや、これ、セッケンなんです。

渋谷ヒカリエの、雑貨屋さんで見つけました。

大きさは、スマホよりちょっと小さいくらい。

グラデーションがきれいで、1個おみやげに買ったら

キレイな透明の袋に入れてくれました。

使うときは結局棒を抜くかしないとかえって邪魔なよーですが

見ていて気持ちがなごみますね。

お値段は、400円だったか。

牛乳石鹸に棒を差しても売れませんが、

これなら欲しくなりますね~face01


  


Posted by チャームサロンカワサキ&フェイシャルクラブ at 16:46Comments(0)せんむのブログ

2012年08月09日

神秘なpower で幸せを掴むの巻☆

初めまして!
フェイシャルクラブスタッフの酒井です。
記念すべき第1回のスタッフブログ…。
何を書こうかと、うーん‥色々考えてみたんですが‥。
今回は女性ならスピリチュアル好きな方も沢山いらっしゃるはず…。
というわけで!
『満月○Powerで金運を上げよう↑』
をご紹介したいと思います!!
満月は満ちる月と書きます。満月は昔から不思議なpowerがあると言い伝えられてきました。
その不思議な満月様?のpowerをあやかって、金運を上げようというわけです。
やり方はチョー簡単♪♪満月に向かってお財布をフリフリするだけ!
ポイントは…
1 レシート、クレジットカードなどお金の出入りするものを抜く!
2 小銭、お札を入れておく!
3 満月に向かって「お月様今月も臨時収入ありがとうございました★」と唱える!そしてお財布を振るだけ!
これだけ!!
簡単ですねっ♪
雨が降っていたり、雲に隠れてお月様が見えなくてもpowerは満開です。
私も実際しています。
金運はお金にまつわる事全てですので、プレゼントも含まれています。私は正直な所、お金というより、物質的なもので頂く事が多いですが、ほんっと感謝したいぐらい、恵まれているように思います!!
今月、8月31日はブルームーンと呼ばれる満月が現れます。
ぜひっ!皆さんもお月様の神秘なpowerをあやかって、金運を手にして下さい★
そして何らかの効果があった方はぜひ酒井に教えて下さいね〜!
一緒に盛り上がろうではありませんかぁ〜!!
皆様に幸せが更に訪れますように。  


Posted by チャームサロンカワサキ&フェイシャルクラブ at 15:55Comments(1)スタッフブログ